【中山6R新馬戦】ニシノヘリオス 直線押し切り初陣制す!

[ 2013年3月10日 13:18 ]

 「メイクデビュー中山」(芝1800メートル・晴良14頭)は10日、中山競馬場6Rで行われ、北村宏騎手騎乗の1番人気、ニシノヘリオス(牡3=田村厩舎、父アグネスタキオン、母キャッスルブラウン)が、直線突き抜け優勝した。勝ち時計は1分51秒7。

 ばらついたスタートからタカライーグルが先頭に立ち、2番手にエターナルスター、3番手にニシノヘリオスがつける展開。

 4コーナーから直線に入ると、先頭がタカライーグルからエターナルスターに変わり200メートルを切ると、好位でレースを進めたニシノヘリオスが外から脚を伸ばし突き抜ける。最後は追い上げるユキアカリノマチを3/4馬身差振り切りゴール板を駆け抜け、デビュー戦を制した。 

 2着のユキアカリノマチと1馬身3/4差の3着にはアトラスバローズが入った。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2013年3月10日のニュース