【阪神5R新馬戦】マコトブリジャール 直線粘り新馬V!

[ 2013年3月10日 12:35 ]

 「メイクデビュー阪神」(芝2000メートル・晴良14頭)は10日、阪神競馬場5Rで行われ、戸崎騎手騎乗の9番人気、マコトブリジャール(牝3=鮫島厩舎、父ストーミングホーム、母マコトコーラン)が優勝した。勝ち時計2分4秒7。

 レースはばらついたスタートからマコトブリジャールがハナを奪い、2番手にホッコーマグマ、3番手にテイエムダイトッパ、4番手にトウカイルノン、5番手にトウケイポイントがつける展開。

 4コーナーまで隊列は変わらず、直線に入ると、先頭を行くマコトブリジャールが後続を突き放し、粘り込みをはかる。外から鋭い末脚で追い込むシャイニーデイズも1馬身1/4及ばず、マコトブリジャールが鮮やかなレース運びで新馬戦を制した。

 シャイニーデイズから1馬身半差の3着にはデビルズハーツが入った。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2013年3月10日のニュース