【フィリーズR】ミスターX エミューズの初重賞制覇に◎

[ 2013年3月10日 06:00 ]

 阪神メーン11R・フィリーズレビュー(G2)は、実績上位のサンブルエミューズを狙う。前走のフェアリーSはタイム差なしの3着に惜敗したが、このレースは超ハイレベルだった。

 勝ったクラウンロゼは9日のアネモネSもV。2着ウキヨノカゼ、4着イリュミナンス、5着スイートサルサの3頭はクイーンCでも1~3着を独占。さらに8着ウインプリメーラはエルフィンS(2着)を挟み、チューリップ賞2着で桜花賞の出走権を手にした。その力関係から、本命馬も桜の切符をゲットできるはず。近3走はマイル戦を使われてきたが、今回と同じ芝1400メートルの未勝利を5馬身差で逃げ切りV。距離短縮はマイナスにはならない。鞍上の岩田とは【2010】と好相性。ここで初の重賞制覇を飾り、堂々と桜の舞台に立つ。

 馬単(12)から(1)(3)(4)(5)(7)(15)

 中山メーン11R・中山牝馬S(G3)は、ハンデ56キロのオールザットジャズで勝負。過去10年のこのレースで56キロ以上のハンデを背負った馬は4勝。その4頭の共通点は、ハンデと同じ重量を2度以上経験していた。今年、56キロ以上を背負うのは本命馬◎と、フミノイマージン(57キロ)、マイネイサベル(56キロ)の3頭。フミノとマイネはそれぞれの重量を1度しか経験していないが、◎は昨年のエリザベス女王杯(5着)、愛知杯(3着)と2度経験済み。しかも好走している。3度目なら、さらに前進を見込める。

 馬単(16)から(1)(7)(8)(9)(12)(13)(14)

続きを表示

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

「CBC賞」特集記事

2013年3月10日のニュース