【アネモネS】クラウンロゼ 無傷の3連勝で桜切符獲得

[ 2013年3月10日 06:00 ]

<アネモネステークス>(左から)3着のサクラディソール(16番)、2着のジーニマジック(2番)、レースを制したクラウンロゼ(5番)

 桜花賞トライアルのアネモネSが9日、中山競馬場で行われ、2番人気クラウンロゼが好位から抜け出し、無傷の3連勝を飾った。2着ジーニマジックと共に桜花賞(4月7日、阪神)の優先出走権を手にした。

 残り800メートル。1番人気サクラディソールが外から先頭に並びかけ、レースが動いた。それでも、クラウンロゼは好位の内で、じっくりと脚をタメた。直線の手前で外へ。力強く伸び、差し切った。「センスがある。本番に向けて、こういう競馬をしたかった。強い馬もいると思うが、ヒケは取らない」と三浦。16日から栗東に滞在して本番を目指す。天間師は「環境の変化にさえ慣れてくれれば」と、自信満々の表情で話した。

続きを表示

「2020 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2013年3月10日のニュース