【中山6R新馬戦】エストーケ 直線鮮やか差し切り初陣制す!

[ 2013年3月9日 13:09 ]

 「メイクデビュー中山」(ダート1200メートル・晴良16頭)は9日、中山競馬場6Rで行われ、武士沢騎手騎乗の9番人気、エストーケ(牡3=新開厩舎、父マイネルラヴ、母エアココ)が、差し切り優勝した。勝ち時計は1分14秒2。

 ややばらついたスタートから、サクラベリーが先頭にたち、2番手にクラウンビュレット、3番手にキスミーソフトリーがつける展開。

 4コーナーから直線に入ると、サクラベリーが逃げ切りを図り後続を引き離すが、200メートルを切りエストーケが外から鋭く脚を伸ばす。最後は、ゴール手前で粘ったサクラベリーを差し切りゴール板を駆け抜けデビュー戦を制した。 

 2着のサクラベリーと1馬身半差の3着にはクラウンビュレットが入った。

続きを表示

「2020 高松宮記念」特集記事

「日経賞」特集記事

2013年3月9日のニュース