【阪神5R新馬戦】アプローチング 直線押し切りデビューV!

[ 2013年3月9日 12:36 ]

 「メイクデビュー阪神」(ダート1800メートル・晴良16頭)は9日、阪神競馬場5Rで行われ、小牧騎手騎乗の7番人気、アプローチング(牡3=白井厩舎、父ニューアプローチ、母リュート)が、直線押し切り優勝した。勝ち時計は1分56秒9。

 レースは揃ったスタートからマルブツツヨシがハナを奪い、2番手にサンマルヴィグラス、3番手にアプローチングがつける展開。

 向こう正面からウォーターグッデイが徐々に位置を上げた他は隊列変わらず、直線を迎えると、力強く脚を伸ばしたアプローチングが早々に先頭に立ち、押し切りをはかる。内からクールミニスター、馬場の中央からダノンリュウオーが鋭い末脚で追い上げるも及ばず、最後はアプローチングが2着のクールミニスターに3馬身半差をつけ優勝した。

 クールミニスターから鼻差の3着にはダノンリュウオーが入った。

続きを表示

「2020 桜花賞」特集記事

「阪神牝馬S」特集記事

2013年3月9日のニュース