【中日新聞杯】追ってひと言

[ 2013年3月7日 06:00 ]

 ▼アンコイルド(矢作師)もう1週欲しい感じはあるが現状維持。

 ▼ゲシュタルト(影山助手)モタモタした感じだが時計は悪くない。

 ▼コスモオオゾラ(高橋博師)時計がかかる馬場が理想。ひと雨欲しい。

 ▼サトノアポロ(国枝師)調教では真面目に走らないので併せ馬の遅れは心配ない。レースでは本気になる。

 ▼ショウリュウムーン(佐々木師)疲れの残っていた前走より出来はいい。ズブくなっている今は2000メートルもいい。

 ▼セイクリッドバレー(高橋裕師)中間も順調そのもの。直線が長い左回りコースは戦いやすい。

 ▼テイエムアンコール(柴田見師)徐々に上向いて前走よりだいぶいい。直線の長い中京は合う。

 ▼トウカイパラダイス(田所師)予定していた京都記念を回避したが、休んだのは1日だけ。力を出せる仕上がり。

 ▼パッションダンス(友道師)併せてしまいだけ。遅れたが問題はない。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2013年3月7日のニュース