【中日新聞杯】ジョワドヴィーヴル ひと叩きで気配上向き

[ 2013年3月5日 06:00 ]

 骨折明けの前走・京都記念が7着だったジョワドヴィーヴル。ひと叩きして気配は明らかに上向きだ。「この前は初物尽くし。思ったよりスタートは良かったな」と松田博師は敗戦を前向きに捉えている。「以前より、背が高くなった。使うと、どうしても体が減る馬だが、今回は使ったことで良くなっている」。デビュー2戦目でG1(阪神JF)を制した天才肌。今回は変身がありそうだ。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2013年3月5日のニュース