【東京新聞杯】クラレント鮮やか差し切りV!重賞3勝目

[ 2013年2月3日 16:10 ]

東京新聞杯を制したクラレント(5番)

 東京新聞杯(G3 芝1600メートル・晴良16頭)は3日、東京競馬場11Rで行われ、岩田騎手が騎乗の2番人気、クラレント(牡4=橋口厩舎)が直線、鮮やかな差し切り勝ちで重賞3勝目を飾った。勝ち時計は1分32秒9。

 レースはレッドスパーダが先頭に立ちトライアンフマーチ、スマートシルエット、リアルインパクト、そしてドナウブルーが追走する展開。レッドスパーダが先頭のまま最終コーナーを回ると、外からガルボが順位を上げていく。クラレントは先頭から6頭目、内を回って直線へ。

 レッドスパーダが逃げ粘り、トライアンフマーチも追いすがる。しかし残り200メートル、外に出したクラレントが脚を伸ばし、この2頭をかわしてゴール。昨年10月の富士S(G3)以来となる重賞3勝目を飾った。鞍上の岩田は「スタートが良かったので楽に競馬ができた」と笑顔で話した。

 2着は豪快な末脚をみせたダイワマッジョーレ、3着にはトライアンフマーチが入った。1番人気に推されたドナウブルーは10着。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2013年2月3日のニュース