【根岸S】メイショウマシュウ急襲!豪快差しで重賞初V

[ 2013年1月27日 16:15 ]

 「根岸S」(G3、ダート1400メートル・晴良16頭)は27日、東京競馬場11Rで行われ、藤岡佑騎手が騎乗の5番人気、メイショウマシュウ(牡5=沖厩舎)がゴール寸前、ガンジスを鼻差差し切って重賞初Vを飾った。勝ち時計は1分23秒7。

 レースはバラついたスタートからトシキャンディがハナを切り、内からタイセイレジェンドが追走。ガンジス、セイクリムズンが続いた。

 最終コーナーから直線を向くと、セイクリムズン、ガンジスが抜け出し叩き合い。ガンジスが頭一つ抜け、勝利かと思われた次の瞬間、大外から鋭い末脚を発揮したメイショウマシュウが急襲。ガンジスとほぼ並んでゴールに飛び込み、鼻差で勝利をもぎとった。騎乗した藤岡佑は「届いているか分からなかった。よく差し切ってくれた」と満面の笑みを浮かべた。

 2着は1番人気に推されたガンジス。3着にはセイクリムズン。ストローハットが競争中止となった。

 ◇メイショウマシュウ 北海道浦河町の大島牧場生産、馬主は松本好雄氏。戦績は12戦6勝、重賞初勝利。獲得賞金は1億1697万8千円。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年1月27日のニュース