【東海S】グレープブランデー 直線豪快に突き抜け3馬身差圧勝!!

[ 2013年1月20日 15:42 ]

 第30回東海テレビ杯東海ステークス(G2、ダート1800メートル・晴良16頭)は20日、中京競馬場11Rで行われ、ルメール騎手騎乗の4番人気、グレープブランデー(牡5=安田厩舎、父マンハッタンカフェ、母ワインアンドローズ)が、中団追走から直線差し切り優勝した。勝ち時計は1分51秒0。

 レースはアイファーソングが逃げ、2番手にナムラタイタン、3番手にバトルドンジョン、4番手にメダリアビート、5番手にタカオノボルがつける展開。1番人気のホッコータルマエは7番手を、勝利したグレープブランデーは8番手外目を追走する。

 4コーナーまで隊列は変わらず直線に入り、ナムラタイタンが先頭に立ち押し切りをはかる所に、大外からグレープブランデー猛然と追い込む。
 グレープブランデーは先頭に立ってからも脚色は衰えず、最後は粘りこみをはかるナムラタイタンに3馬身差をつけ2011年7月13日ジャパンDD以来の重賞勝利を挙げた。

 ナムラタイタンから半馬身差の3着にはホッコータルマエが入った。

続きを表示

「2020 大阪杯」特集記事

「ダービー卿CT」特集記事

2013年1月20日のニュース