【AJC杯】アドマイヤラクティ 坂路しっかり加速12秒7!

[ 2013年1月18日 06:00 ]

アドマイヤラクティは雪舞う栗東坂路を軽快に駆け上がる

 3日間開催明けの今週は追い切りが木曜に集中。雪で延期となった京成杯を含む4重賞の出走馬が17日、東西トレセンで一斉に追い切った。日曜中山メーンのアメリカジョッキークラブC組では、アドマイヤラクティが軽快な動きを披露。重賞初挑戦だった前走・金鯱賞で3着と、年明け5歳の成長株が飛躍を目指す。

【AJC杯】

 坂路に舞う雪を、力強いフットワークで切り裂いた。アドマイヤラクティの追い切りは単走でしまい重点。重い馬場でも手応え通り、しっかり加速して4F56秒5~12秒7を刻んだ。先週の3日間開催の影響で今週は水曜が全休明け。その点を考慮して1週前にCWコースでビシッと追い切り、最終追いは坂路でしまいをサッと。梅田智師が納得の表情で切り出した。

 「普段はCWコースで追い切るが木曜追いに加え、中山への輸送もあるから坂路で。いつもと変わらず、いい動き。短期放牧明けで帰厩当初は多少緩んでいたが調子は上がっている。今は爪の不安もないから」

 デビュー当初から将来性を評価された素質馬。条件戦でモマれ、着実に地力を付けた。11年9月に500万を勝ち上がってから、前走・金鯱賞3着まで10戦して1度も3着を外していない堅実派。昨秋にオープン入りを決め、年初の目標は初タイトル奪取だ。師の期待の大きさは半端ではない。「今年はショウナンマイティ(昨年大阪杯V)と2枚看板でいきたい。マイティは安田記念、宝塚記念が目標。ラクティは天皇賞・春(4月28日、京都)を目指す」

 今年初戦は過去に1000万、準オープンで2戦2勝の実績を誇る中山に狙いを定めた。レース運びは粗削りだが、この競馬場だけは話が別。コース替わりが追い風になる。「コーナーが上手ではないので勝負どころでモタつく。本質は広いコース向きだが、(なぜか)中山は2戦2勝。コース相性の良さに期待」。昨年4月の湾岸Sを制した時の鞍上・内田も確保し、準備は万端だ。

 明け5歳、心身ともに充実。先週の日経新春杯はハーツクライ産駒のカポーティスターが制した。同じ父を持つラクティがビシッと決める。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年1月18日のニュース