【シンザン記念】エーシントップ逃げ切りV!重賞2勝目!

[ 2013年1月6日 16:07 ]

 3歳馬のマイル戦「シンザン記念」(G3・芝1600メートル・晴良16頭)は6日、京都競馬場11Rで行われ、浜中騎手騎乗の1番人気、エーシントップ(牡3=西園厩舎)が逃げ粘って優勝。人気に応え、昨年11月の京王杯2歳S(G2)に続く重賞2勝目を飾った。勝ち時計1分34秒3。

 レースはアジャストメントが出遅れ、エーシントップが敢然と先頭に躍り出る。2番手にサイモンラムセス。タマモベストプレイ、カオスモスが続いた。

 エーシントップが先頭のまま最終コーナーから直線へ。浜中のムチに呼応し、そのまま先頭をキープするエーシントップ。タマモベストプレイ、カオスモスが必死に追うが、内から末脚を伸ばしてきたヘミングウェイが2番手に上がり猛追。しかし、クビ差届かず、エーシントップが逃げ切った。

 2着ヘミングウェイ、3着にはタマモベストプレイが入った。

 ◇エーシントップ 3歳牡馬、父テールオブザキャット、母エコロジー。米国産、馬主は栄進堂。戦績は5戦4勝、重賞は2勝。獲得賞金は9639万3千円。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2013年1月6日のニュース