2歳も3年連続ディープ 2位にメジャー、母の父はSS

[ 2012年12月27日 06:00 ]

12年リーディング種牡馬編

 2歳リーディングはディープインパクトが3年連続で首位を確保した。昨年の35勝を上回る39勝と着実な勝ち上がり。キズナ、ラウンドワールド、無傷V2のアドマイヤオウジャなど、来春のクラシックの期待馬が多数いる。種牡馬2年目のダイワメジャーが、昨年に続く2位で地位固めに成功。3位キングカメハメハは重賞2勝のコディーノが活躍。5位シンボリクリスエスからはラジオNIKKEI杯2歳Sを制したエピファネイアが出現している。

 また、ブルードメアサイヤー(母の父)はサンデーサイレンスが7年連続で首位。2位トニービンに47億円もの大差をつけ、SSの底力を見せつけた形。44位→5位に昨年急浮上したメジロマックイーンは出走頭数わずか49頭ながら、ことしも6位と奮闘。オルフェーヴル、ゴールドシップの活躍で生産地ではメジロマックイーン産駒の繁殖牝馬の価値が跳ね上がっている。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2012年12月27日のニュース