アイルランドのトップ騎手、デクラン・マクドノーが初来日

[ 2012年12月27日 06:00 ]

 年明け早々、新たな大物外国人騎手が日本にやって来る。アイルランドのトップ騎手、デクラン・マクドノー(32)が1月5日から2月4日まで短期騎手免許を取得して日本で騎乗することになった。初めての来日となる。身元引受調教師は小島茂之師。身元引受馬主は「メイスン」の冠号で知られる梅村浩氏。

 マクドノーはタタソールズゴールドCなどG1・4勝。06年にはアイルランドのリーディングを獲得し、今秋に大物馬主であるアガ・カーン殿下と専属契約を結んだ。小島茂師は「日本で騎乗するには真面目で友好的でなければいけないが、そういう人物だと聞いている。(所属の)長岡が手本にしてくれれば」と話した。

 マクドノーはアイルランドに移籍したシャドウゲイトにも騎乗。開幕週は同馬が所属していた加藤征厩舎の新馬アースザスリーなどに騎乗する。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2012年12月27日のニュース