ウオッカの初子 北海道で公開 すでに大物540キロ

[ 2012年11月20日 06:00 ]

北海道浦河の吉澤ステーブルで公開されたウオッカの初子

 G1・7勝馬ウオッカの初子(牡1、父シーザスターズ)が19日、けい養先の北海道浦河・吉澤ステーブルで報道陣に公開された。

 同馬は、アイルランドから英国、オランダを経由して先月31日に来日。横浜で2週間の入国検疫を受け、13日夕方に北海道入りした。広島剛場長は「540キロあり、馬格にまず驚いた。疲れも見せず、食欲旺盛。精神面も強いのではないか。母が母だけに皆さんの期待も大きいだろうが、特別扱いせず、角居先生(調教師)と相談しながら、じっくり育てていきたい」と語った。

続きを表示

「レパードS」特集記事

「エルムS」特集記事

2012年11月20日のニュース