【福島記念】ダイワファルコン 4角先頭から押し切り重賞初制覇!

[ 2012年11月18日 15:36 ]

 第48回農林水産省賞典 福島記念(芝2000メートル・晴稍重16頭)は18日

、福島競馬場11Rで行われ、川須騎手騎乗の1番人気、ダイワファルコン(牡5=上原厩舎、父ジャングルポケット、母ダイワルージュ)が、2011年10月30日カシオペアステークス以来の勝利を挙げた。勝ち時計は1分59秒5。

 レースはキョウエイストームが逃げ、2番手にケイアイドウソジン、3番手にダイワファルコン、4番手にサトノタイガー、最後方にダコールがつける展開。

 3コーナーまで隊列は変わらず、4コーナーで逃げるキョウエイストームにダイワファルコンが並びかけ直線を迎えると、ダイワファルコンは馬場の真ん中に進路をとり、後続を引き離しにかかる。最後は直線追い上げたアドマイヤタイシに2馬身差をつける圧勝で重賞初制覇を飾った。

 アドマイヤタイシから鼻差の3着には直線大外から追い上げたダコールが入った。

 ◇ダイワファルコン 5歳牡馬、父ジャングルポケット、母ダイワルージュ。北海道千歳市の社台ファーム生産、馬主は大城敬三氏。戦績は26戦7勝、重賞は初勝利。獲得賞金は2億1055万8千円。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2012年11月18日のニュース