【古馬次走】ホエールキャプチャは船橋クイーン賞視野

[ 2012年11月15日 06:00 ]

 エリザベス女王杯7着マイネイサベル(4=水野)はビッグレッドファームで放牧。始動は年明けの見込み。10着ホエールキャプチャ(4=田中清)はダートの交流G3クイーン賞(12月5日、船橋)を視野に。14着エリンコート(4=笹田)は放牧。

 レディスプレリュード2着プリンセスペスカ(6=松永昌)もクイーン賞。

 安田記念18着後、休養していたペルーサ(牡5=藤沢和)は近日中に帰厩、AJC杯(13年1月20日、中山)での復帰が目標。

 レディアルバローザ(牝5=笹田)はターコイズS(12月2日、中山)か朝日CC(12月8日、阪神)へ。

 エーシンリターンズ(牝5=坂口)は京都牝馬S(13年1月19日)へ。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2012年11月15日のニュース