オリヴァー不正疑惑 自身騎乗レースで他馬の馬券購入

[ 2012年11月7日 06:00 ]

04年天皇賞・春でゼンノロブロイに乗り2着に入ったオリヴァー

 オーストラリアの名騎手、ダミアン・オリヴァー(40)に不正疑惑が浮上した。シドニー・モーニング・ヘラルド紙が6日付で報じた。同紙の電子版によると、同騎手は自身が騎乗した10年の国内レースで他の馬に1万オーストラリアドル(約83万5000円)を賭けていたことをレースの運営当局に認めたという。

 オリヴァーは、近い関係者に9~12カ月の処分になるとの見込みを伝えているが、処分を受ける前に引退する考えも示唆しているという。なお、渦中の同騎手は6日のメルボルンCで有力馬のアメリケインに騎乗したが、11着に敗れた。

 オリヴァーは過去に短期免許で来日し、ゼンノロブロイ(04年天皇賞・春=2着)などに騎乗。06年メルボルンCでは日本から遠征したポップロックを2着に導いた。

 ◆ダミアン・オリヴァー 1972年6月22日、オーストラリア生まれの40歳。88年初勝利。93年JRA初騎乗(2着)。03年5月4日、JRA初勝利。04年ダービーではピサノクウカイに騎乗、7着だった。JRAでは通算245戦22勝。

続きを表示

「七夕賞」特集記事

「プロキオンS」特集記事

2012年11月7日のニュース