【京都5R新馬戦】オツウあっさり抜け出し快勝!力の差見せつけた

[ 2012年11月3日 12:59 ]

 「メイクデビュー京都」(芝1600メートル・晴良18頭)は3日、京都競馬場5Rで行われ、福永騎手騎乗の1番人気、オツウ(牝2=須貝厩舎、父ハーツクライ、母デライトポイント)が、直線であっさりと抜けだし快勝。勝ち時計は1分35秒3。

 好スタートを切ったのはビーマイラブ、ピュアアイズ。オツウは先頭から5、6馬身の中団に位置するレース展開となった。4角過ぎ、直線に入ると、外から4番手に上がってきたオツウが楽な手応えで先頭集団をとらえると、そのまま一気に突き放して快勝。2着カレンバッドガールに2馬身半の差をつけ、力を見せつけた。3着バアゼルザウバー。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2012年11月3日のニュース