【秋華賞】アイムユアーズ17番も“前向き”

[ 2012年10月13日 06:00 ]

 アイムユアーズは有力馬では最も外の17番。それでも手塚師は「決まったものは仕方ない。プラス思考で考えれば、ここならインでごちゃつく恐れはないからね」と前向きさを保っていた。前走・クイーンSは24キロ増の468キロだったが、調教後馬体重はさらに増えて480キロ。師は「飼い葉食いの心配なく調教できるのは大きい」と春からの成長を強調していた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年10月13日のニュース