【札幌記念】ネヴァブション 横山和を背に62秒0

[ 2012年8月17日 06:00 ]

 ネヴァブションはデビュー2年目で重賞初騎乗を迎える横山和を背に、札幌芝コースで単走で追われて5F62秒0。父の横山典がコース脇で見守る中、軽快な脚取りでゴールを駆け抜けた。「先週函館で乗った時に感じたトモ(後肢)の緩さがなくなった。反応を見たくて仕掛けたが、先週より何倍も良く感じた」と横山和は動きを絶賛。「きれいな競馬を心掛けて、結果も出したい」と目を輝かせた。

続きを表示

「東京優駿 第86回日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2012年8月17日のニュース