【レパードS】イジゲン上昇 関西馬“表彰台”独占阻止

[ 2012年8月2日 06:00 ]

<レパードS>ゴーハンティング(右)と併せて追い切るイジゲン。スムーズな動きで好調をアピールした

 今週は東西で秋を見据えた2重賞が行われるが、その追い切りが1日、美浦、栗東両トレセンで行われた。新潟の「第4回レパードS」ではダート4戦3勝のイジゲンが美浦Wコースで好調をアピール。同レースは創設から3年連続で関西馬が1~3着を独占しているが、今年は関東馬の反攻が見られそうだ。

 粗削りながら豪快なレースのイメージとは対照的。イジゲンの追い切りは極めてスムーズな内容だった。Wコースで併せ馬。ゴーハンティング(4歳1000万)をぴったり追走し、直線は内に入るとしっかり馬体を併せたままフィニッシュした。5F68秒0~1F12秒8。橋本助手は「動きはいいし順調に来ている。前走時よりしまいはやっているし1回使った分の上積みはある」と上昇ムードを感じ取っている。

 イジゲンは芝のデビュー戦で3着に敗れたが、その後はダート路線へ切り替えて4戦3勝。唯一敗れた端午S(4着)も上がり3Fはメンバー最速と能力の一端は示した。前走・彦星賞は休み明けで古馬相手と厳しい条件をものともせずに快勝。スタートで出遅れながら早めに追い上げ、今回も再戦するキングブレイクを差し切った。

 馬名通りに次元の違う走りっぷり。だが、陣営はそれでよしとはしていない。橋本助手は「重賞は(今までのような)荒っぽい競馬では通用しないと思う」と注文を付けた上で「ジョッキー(内田)も1回乗って特徴を分かってくれていると思う」と信頼を寄せた。

 前走がテン乗りだった内田も好感触をつかんでいる。スタートが安定せず後方からまくるレースが多いが、勝負どころでの加速力は名手の想像以上だったという。「思ったより加速が速くて、少し早く抜け出しすぎたくらい。経験を積んでしっかりしてきている。乗りづらさはないし強いと思うよ。秘めているものがあるし先々も楽しみ」と大きな期待を寄せる。

 イギリス国王の紋章である盾にユニコーンと共に描かれているのがレパード。ユニコーンS(ストローハット)で関西馬の連勝を3で止めた堀厩舎が、再び関西馬キラーぶりを示すか。

続きを表示

「2019 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2012年8月2日のニュース