【クイーンS】アイムユアーズ 中距離重賞を制し秋G1へ!

[ 2012年7月29日 15:43 ]

 第60回クイーンS(G3、芝1800メートル・晴良14頭)は29日、札幌競馬場11Rで行われ、池添騎手騎乗の1番人気、アイムユアーズ(牝3=手塚厩舎、父ファルブラヴ、母セシルブルース)が、直線で抜群の伸び脚を見せて追い込んで勝利を飾った。勝ち時計1分47秒2。

 レースはレジェンドブルーが逃げ、2番手にナムラボルテージ、3番手内にアニメイトバイオ、4番手にコスモネモシンがつける。1番人気のアイムユアーズはすぐ後ろ6番手辺りを追走する。4角からコスモネモシン、アイムユアーズらがマクリ気味に逃げるレジェンドブルーを捉えると、直線ではアイムユアーズが早め先頭から後続を振り切り、最後は追い込んできたラブフールをクビ差抑え勝利した。

 さらに半馬身差の3着にはミッドサマーフェアが入った。

 アイムユアーズはファンタジーS、フィリーズレビューに続き重賞3勝目。中距離戦線でも勝ち切れることを証明した。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2012年7月29日のニュース