【CBC賞】ネットで人気?シゲルスダチ 気配良好

[ 2012年6月27日 06:00 ]

【CBC賞】人気沸騰シゲルスダチに重賞初制覇の期待が懸かる

 シゲルスダチはあるエピソードから人気が沸騰中だ。前走NHKマイルCでは直線で転倒、落馬のアクシデントに見舞われた。話題になったのはその後のしぐさ。落馬した後藤のもとへ近づいて寄り添ったのだ。「それこそキーストンみたいにね。ネット上ですごく人気みたいなんですよ」と西園師は語る。

 キーストンは65年のダービー馬。67年阪神大賞典で故障しながら落馬した山本正司(元調教師)のもとへと寄り添った美談が有名だ。今回、違ったのはスダチが無傷だったということ。3日ほど運動のみの調整にとどめたが、すぐに乗り出せたほど。西園師は「小柄なのが良かったんだろうね。元気いっぱい走り回っています」と胸をなで下ろす。

 中間の気配は良好だ。坂路での追い切りを4本消化。52キロのハンデならば色気も出る。「今年の3歳は強いみたいだからね。短い距離なら古馬相手でもヒケは取らないと思う」。小粒でも存在感の光る3歳馬が、主役を食う可能性は十分だ。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2012年6月27日のニュース