【中京新馬戦】キュールエアリス 底力一流

[ 2012年6月27日 06:00 ]

 キュールエアリス(牝=中尾)の父はウォーエンブレム。中尾師は「数少ない産駒やからね」とニッコリ。鳴り物入りで来日したが特定の牝馬にしか興味を示さない性癖で、産駒(JRA登録)は70頭にとどまる。それでも、重賞7勝、G1勝ち(秋華賞ブラックエンブレム)もあるのだから底力は一流と言っていい。産駒には気難しいタイプも多いが「走りに凄く前向き。気性が真っすぐなのがいいですね」とトレーナーは評する。

 追い切りではダッシュこそ一息ながら、追ってからの加速がいい。「しまい勝負の競馬が合いそう。身のこなしがいいね。走るんちゃうかな」と師は手応えありの表情。推定460キロ台で牝馬としては馬格もいい。7月15日中京5R(芝1600メートル)でのデビューを予定している。

続きを表示

「2020 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2012年6月27日のニュース