【日本ダービー】ディープブリランテ折り合い工夫

[ 2012年5月23日 06:00 ]

<日本ダービー>矢作師(右)の指示を受け、厩舎を出発するディープブリランテ

 ディープブリランテは、22日も岩田が手綱をとって坂路1本(4F65秒1)。「彼の“馬とコンタクトを取ろう”という気持ちを大事にしたいので、ずっと乗ってもらっている」と矢作師は鞍上の心意気を買う。課題は折り合いだが、「馬の雰囲気がいいしスムーズに走っている。どこでもやっていることだが、ハミや鼻革とかも工夫をしているから」と手応えをつかんでいた。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2012年5月23日のニュース