【オークス】ジェンティルの強さに脱帽 内田「勝った馬がすごい」

[ 2012年5月20日 17:27 ]

 ヴィルシーナは2着を確保したとはいえ、ジェンティルドンナとの差は桜花賞の半馬身から5馬身に。内田騎手は「勝った馬がすごかった」と優勝馬の強さに脱帽した。

 本来は先行策が持ち味。ただ、今回は前に行きたい馬が多かったため、中団のやや後方に待機し、最後の直線ではじわじわと伸びたが、外を強襲した勝ち馬に一瞬で置き去りにされた。同騎手は「不利はなかったし力は出せた。あれだけ伸びているのに離された」と驚きの表情も交えていた。

続きを表示

「上半期のNo.1マイラー決定戦 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2012年5月20日のニュース