【マイラーズC】シルポート 貫録逃げ切りで連覇達成!

[ 2012年4月22日 15:48 ]

 22日の京都11R「第43回読売マイラーズカップ」(G2・芝外1600メートル・稍重18頭)は、小牧太騎手騎乗の3番人気、シルポート(牡7=栗東・西園厩舎、父ホワイトマズル、母スペランツァ)が、見事な逃げ切りで連覇を達成した。勝ち時計は1分33秒2。小牧騎手、西園調教師ともに昨年の同馬に続く本走2勝目。

 G1馬3頭など好メンバーが揃った一戦。

 まずまず揃ったスタートから、予想通りシルポートがハナを奪うと、コスモセンサー、トウショウフリークが続く。エイシンアポロンは好位、リアルインパクト、グランプリボスは中団からレースを進めた。

 直線に入り、逃げ切りを図るシルポートが後続との差を徐々に広げる。好位からコスモセンサー、中団から内を突きダノンシャークが懸命に差を詰めるも、先頭を捉えきるには至らず、シルポートが貫録の逃げ切りで連覇を達成した。

 1馬身差の2着にダノンシャーク、そこから1馬身半差の3着にコスモセンサーが入った。

 ◇シルポート 7歳牡馬、父ホワイトマズル、母スペランツァ。北海道新ひだか町のタイヘイ牧場生産、馬主は河崎五市氏。戦績は44戦10勝、重賞3勝。獲得賞金は3億6716万8千円。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2012年4月22日のニュース