2歳女王ジョワドヴィーヴル骨折 全治6カ月以上

[ 2012年4月13日 15:57 ]

右第1趾骨近位骨折を発症したジョワドヴィーヴル

 先週の桜花賞で1番人気で6着に敗れたジョワドヴィーヴル(牝3=松田博)が13日、右第1趾骨近位骨折を発症したことが分かった。

 この日の朝、右トモの球節が腫れていたことからレントゲンを撮ったところ判明。全治には6カ月以上の休養を要するとの診断が下され、秋以降の復帰を目指すことになる。

続きを表示

「2019 朝日杯FS」特集記事

「ターコイズS」特集記事

2012年4月13日のニュース