【天皇賞・春2週前追い】軌道に乗ってきたギュスターヴ

[ 2012年4月13日 06:00 ]

 前走・阪神大賞典で重賞初制覇を飾ったギュスターヴクライ(牡4=荒川)は、この中間も順調そのもの。軽快なフットワークで坂路4F55秒6~1F13秒0を刻んだ。高橋亮師は「本当に体調がいい」と好感触。「もともと期待していた馬がやっと軌道に乗ってきた。折り合いに不安がなく、乗りやすいのがセールスポイント」と楽しみな口ぶり。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2012年4月13日のニュース