【皐月賞】馬番確定!陣営一言

[ 2012年4月13日 06:00 ]

 マイネルロブストは11番に決定。谷代助手は「中山の芝は内が悪くなってきたし、この枠なら馬場のいいところを走れそう」。モンストールは2戦連続で1番。尾関師は「極端だね。スタートが鍵になりそう。土曜の雨が最小限なら」。5番アーデントの加藤征師は「ジョッキー(藤田)も内がいいと言っていた。両隣りの馬が行きそうだから、その後ろ辺りかな」と前々の競馬を示唆。外寄り17番に決まったロジメジャーの古賀慎師は「中山2000メートルは内がごちゃつくことが多い。ここならスムーズに運べそう。スタートも悪い馬ではない」と好感触。

 関西馬では折り合いに課題を抱えるディープブリランテが内めの6番に決定。矢作師は「大外だけは嫌だと思っていた。ここなら最高。前に壁をつくりやすいし、後はノッてるジョッキー(岩田)に任せるだけ」と笑顔。展開の鍵を握るメイショウカドマツは4番。「同型が外に入ったし先手を主張します」と藤岡健師は堂々の逃げ宣言。ワールドエースは9番。「真ん中でちょうどいい。ゲートさえしっかり出れば」と川合助手。グランデッツァは不利な大外18番だが、平田師は「変に前が詰まる最内よりはいい。最後の枠入りだから待たされることもないから」と前向きに捉えていた。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2012年4月13日のニュース