【高松宮記念】折り合い伸びるベイリング 内枠歓迎

[ 2012年3月24日 06:00 ]

 ベイリングボーイは雨が降る中、角馬場で乗り込んだ。不良馬場で準オープンを勝ち、前走・オーシャンS3着も重馬場という道悪巧者だ。紺野厩務員は「雨で時計が掛かりそうなのはありがたい。できるだけ馬場は乾いてほしくないね」と渋ったコンディションでの決戦を希望。枠は3枠6番。「馬はいい感じ。最近は内々で折り合って伸びてくるイメージだし、内枠の方がいい」と歓迎した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2012年3月24日のニュース