【阪神大賞典】相棒・池添苦笑い「バケモノです」

[ 2012年3月19日 06:00 ]

<阪神大賞典>“悪夢”のレース後、池江師(右)と心配げにレースを振り返る池添

 【池添と一問一答】

 ――(質問前に)

 「申し訳ないです。これだけの支持をしてもらったし、結果を残さなければならなかった。直線でも他の馬(ヒルノダムール)の邪魔をしてしまって…(過怠金10万円)。すみませんでした」

 ――きょうのレース前の様子は。

 「普段より気合が乗ってチャカチャカしてました。返し馬でもハミをかみ気味。壁をつくって乗らないと、と思いました」

 ――レース道中は。

 「外の3番手で落ち着きかけた時ナムラクレセントが来て、そこでハミをかんでしまった」

 ――向正面で先頭へ。

 「ナムラ(クレセント)と離れて並ぶ形。1頭ポツンとなり、がっつりハミをかんだ」

 ――3角手前から失速。

 「3角で真っすぐ進み、外ラチぎりぎりまで行ってしまった」

――立て直したのには驚いた。

 「落馬しないようにしたが、馬を内側に見つけて追いかけた。その時の走りは凄かった。あんなことになってまた戻ってレース…(オルフェーヴルは)化け物です」

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2012年3月19日のニュース