【フェブラリーS】フォーチュン2着!藤岡騎手「今後が楽しみ」

[ 2012年2月19日 18:58 ]

第29回フェブラリーステークスを制したテスタマッタ(右)

 後方2番手から鋭い末脚を発揮したシルクフォーチュンが2着に健闘。最後の600メートルの35秒7のタイムは、勝ったテスタマッタと並び最速だった。

 これまで1600メートルでは3戦して3着が最高だったが、この距離にも対応できることを証明。藤岡康騎手は「悔しいけど、今後が楽しみ」と笑みを交えていた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年2月19日のニュース