【フェブラリーS】ミスターX トラン確かに強いが…

[ 2012年2月19日 06:00 ]

 東京メーン11Rは、12年最初のG1・フェブラリーS。中央のダートG1・4連勝中のトランセンドは確かに強いが、苦手な芝スタートの当舞台では評価を下げたい。昨年制したフェブラリーSは、今年よりメンバーが一枚落ちる印象。昨秋の南部杯は、芝部分でダッシュがつかずにハナを奪えなかった。不慣れな控える競馬となり、最後は地力で盛り返したが、2着のダノンカモンとはわずか頭差の辛勝だった。今回も快速馬がそろって、王者には苦しい展開となりそう。トランセンドをマークして追走する好位勢に流れは向く。

 本命はダノンカモン。南部杯でトランセンドに頭差に迫った内容を評価したい。抜け出すと、物見をしたりして走るのをやめてしまう悪癖があるタイプ。南部杯の時もいったん抜け出してしまったのが勝敗を分ける結果に。仕掛けのタイミング次第では逆転できる。この中間は「稽古でも物見をする面を見せていない」と川合助手。最後まで本気で走れば、王者を打ち負かすシーンも十分ある。

 馬単(11)から(9)(10)(15)

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2012年2月19日のニュース