【フェブラリーS】“名コンビ”岩田、初制覇なるか

[ 2012年2月19日 06:00 ]

 テスタマッタには岩田康誠騎手(37)が最良のパートナー。芝のエリカ賞4着以外、ダート5戦は全て3着以内。勝ったジャパンダートダービー以外にヴァーミリアンと0秒4差の10年川崎記念(3着)、フェブラリーS2着、東京大賞典3着とG1好走。JRA・G1・12勝の岩田はフェブラリーS&JCダートは意外にも未勝利で、勝てばJRAダートG1初制覇となる。岩田は「折り合えれば、ここでも負かせる力は持っている」とブエナビスタを復活Vに導いた昨秋ジャパンC以来のG1制覇を狙っている。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「クイーンS」特集記事

2012年2月19日のニュース