【東京新馬戦】クラウディーハート鮮やか逃げ!

[ 2012年2月19日 06:00 ]

<東京2R>鮮やかに逃げ切ったクラウディーハート

 18日の東京2R新馬戦(ダート1400メートル)は、2番人気クラウディーハート(牝=田村、父クロフネ)が鮮やかに逃げ切った。2番手にピッタリつかれる厳しい展開だったが、直線は逆に好位組を突き放し、2着馬の追い上げを首差抑えた。三浦は「まだ遊び遊び走っている。スピードがあり過ぎて先頭に立ったが、能力だけで勝ったようなもの」と素質の高さを感じ取っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2012年2月19日のニュース