【きさらぎ賞】ワールドエース 小牧「まだ余裕があった」

[ 2012年2月5日 19:40 ]

第52回きさらぎ賞 芝1800メートル G3

(2月5日 京都競馬場)
 ワールドエース(牡3=池江)が若駒S2着から中1週で挑んだ一戦で重賞初V。後方から折り合い重視で進めて直線外に出すと、強烈なまでの末脚で先行勢をまとめてかわしてみせた。

 「脚が違うわ。まだ余裕がありましたね」と小牧。東京競馬場で見届けた池江師は「内容にインパクトがあった。前走も負けたけど、同じ時季のオルフェーヴルに比べたら、上手に走っているな…と。学習能力が高く、楽しみな馬です」とあらためて素質の高さを感じ取っていた。

続きを表示

「2019 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2012年2月5日のニュース