【きさらぎ賞】ワールドエースV!ディープ産駒ワンツースリー独占

[ 2012年2月5日 16:07 ]

 「第52回きさらぎ賞」(G3、芝1800メートル・良)は5日、京都競馬場11Rで行われ、小牧騎手騎乗の1番人気ワールドエース(牡3=池江厩舎、父ディープインパクト、母マンデラ)が、直線鮮やかに抜け出して優勝した。勝ち時計は1分47秒0。

 スタートよく先手を取ったのは5枠のアルキメデスとローレルブレット2頭。これにマイネルアトラクト、プレミアムブルー、ベールドインパクトなどがつけた。

 1番人気のワールドエースは後方に待機。先行3頭がレースを作って3コーナーから4コーナーへ。直線に入るとワールドエースが一気に追い出され、ムチ一発、大外をグーンと加速してごぼう抜きした。

 2着はヒストリカル、3着はベールドインパクトが入った。ディープインパクト産駒のワン・ツー・スリー決着となった。小牧騎手、池江厩舎ともに同レースを初制覇。

 ◇ワールドエース 3歳牡馬、父ディープインパクト、母マンデラ。北海道安平町のノーザンファーム生産、馬主はサンデーレーシング。戦績は3戦2勝、重賞初勝利。獲得賞金は5210万円。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「スポニチAI競馬予想SIVA」特集記事

2012年2月5日のニュース