【東京2R新馬戦】フルヒロボーイ逃げ切り!8馬身差圧勝

[ 2012年2月5日 11:43 ]

 東京2R「メイクデビュー東京」(ダート1400メートル・良)は、田中勝騎手騎乗の2番人気、フルヒロボーイ(牡3=田中清厩舎、父ファスリエフ、母スターオブジュニパー)が、逃げ切って新馬勝ちした。勝ち時計は1分27秒7。

 レースを引っ張ったのは、ダイワロード、ダイメイサンジ、フルヒロボーイなど先行力のある各馬。その中でも、フルヒロボーイの力は格上を見せつけるような脚色。すぐに先頭を奪うと、向こう正面、3コーナーと15頭を従えて直線に入った。

 各馬も勝負どころで競りかける。メビュースラブ、ダイヤコレクター、スカーレットリング、ヒカルヨコハマなどが迫ったが、フルヒロボーイは逆にさらに差を広げ、楽勝の逃げ切り勝ちだった。

 8馬身差の2着はメビュースラブ、3着はトミケンスプリングが入った。

続きを表示

「2019 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2012年2月5日のニュース