【中山3R】先手を奪ったカヒリ 首差振り切りV

[ 2012年1月16日 06:00 ]

 中山3R(牝馬限定、ダート1200メートル)は、先手を奪った3番人気カヒリ(大竹、父キングカメハメハ)が直線で後退しかけたが、差し返してスガノパフィオを首差振り切った。嶋田は「(スタート地点の)芝部分の行きっぷりは良くなかったが、ダートに入ってからは楽に行けた。稽古でも最後は必ず伸びる馬。他馬に来られて伸びたし根性がある」と称賛。大竹師は「小柄だけど思った以上に筋肉が付いた。距離を延ばしていければ」と話した。

続きを表示

「中山記念」特集記事

「阪急杯」特集記事

2012年1月16日のニュース