【ジャニュアリーS】ティアップワイルド ゴール前接戦制しV2

[ 2012年1月8日 15:40 ]

 ジャニュアリーS(ダート1200メートル・晴良16頭)は8日、中山競馬場11Rで行われ、石橋脩騎手騎乗で1番人気のティアップワイルド(牡6=西浦厩舎、父ワイルドラッシュ、母フォーティエース)が、ゴール前直線での接戦を鋭い伸びで制し昨年に続いて優勝した。勝ち時計は1分10秒00。

 
 混戦となったスタートからアーリーロブストが引っ張り、3角前までは縦に伸びたレース展開。4角から直線にかけて混戦から抜け出して先頭に立ったゼンノベラーノをティアップワイルドがゴール前の伸びでかわして3/4馬身差でゴールし連覇を達成した。

 1馬身半差の3着にはレディルージュが入った。

続きを表示

「2020 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典」特集記事

2012年1月8日のニュース