【中山大障害】マジェスティバイオが優勝

[ 2011年12月24日 16:20 ]

 第134回中山大障害(24日・中山10R4100メートル芝10頭、JG1)1番人気のマジェスティバイオ(山本康志騎乗)が4分44秒2で優勝し、1着賞金7000万円を獲得した。山本騎手、田中剛調教師(騎手時代に4度優勝)ともこのレース初制覇。

 後方から徐々に進出したマジェスティバイオは、最後の直線に出ると、激しい先行争いをした前の3頭を一気に差し切った。半馬身差の2着に3番人気のディアマジェスティが入り、3着はドングラシアスだった。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2011年12月24日のニュース