【中山5R新馬戦】サウスビクトル 好位から抜け出し快勝!

[ 2011年12月24日 12:08 ]

 中山5R「メイクデビュー中山」(芝外1600メートル・良)は、柴田善騎手騎乗の1番人気、サウスビクトル(牡2=久保田厩舎、父サウスヴィグラス、母サラトガヴィーナス)が、好位から抜け出し優勝した。勝ち時計は1分37秒2。

 バラついたスタートからペリートウショウが好スタートを見せ、そのままハナを奪うと、サウスビクトル、ダイメイカフェ、コスモリトスらが続き、レースは縦長の展開で直線を迎える。
 
 直線に入り、逃げたペリーの脚色が鈍くなると、道中2番手を追走したサウスビクトルが抜け出す。内からコスモリトスも差を詰めるも、先頭を捉えきるには至らず、サウスビクトルがデビュー戦を快勝した。
 
 1馬身半差の2着はコスモリトス、そこから1馬身1/4差の3着には外から追い込んだラウンドロビンが入った。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2011年12月24日のニュース