【荒尾】83年の歴史に幕…8000人超別れ惜しむ

[ 2011年12月24日 06:00 ]

【荒尾】最後の開催を行った荒尾競馬

 現存する地方競馬で最も古い荒尾競馬(熊本県)が23日、83年の歴史に幕を閉じた。1日平均入場(昨年度1288人)を大幅に上回る8935人が別れを惜しんだ。

 セレモニーで騎手全員が「長い間ありがとうございました」とあいさつし、勝負服などをファンにプレゼント。岩永千明騎手(29)は「急に廃止が決定。反対運動もなかったのでみんな限界に来ていたんでしょうね」。売店の女性販売員は「きょうくらいお客さんが来てくれれば、こんなことにはならなかったのに…。昔はこれが普通だった」としみじみ語った。九州の地方競馬は佐賀だけになる。

続きを表示

この記事のフォト

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2011年12月24日のニュース