元JRA調教師の古賀一隆氏死去 通算265勝

[ 2011年12月9日 06:00 ]

 元JRA調教師でJRA古賀慎明調教師の父・古賀一隆氏(こが・かずたか)が8日、病気のため死去。福岡県出身、76歳。

 通夜は11日午後6時、告別式は12日午後12時30分から、いずれも茨城県稲敷郡美浦村大字美駒2500―2、美浦トレーニングセンター厚生会館分館=(電)029(885)1997=で。喪主は長男慎明(まさあき)氏。

 1956年に騎手となり、63年朝日杯3歳S(ウメノチカラ)など重賞8勝を含む通算2170戦231勝(中央競馬以降)。76年、調教助手に。78年調教師免許取得。4528戦265勝(うち重賞2勝)。06年に70歳定年制により引退。

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「新潟2歳S」特集記事

2011年12月9日のニュース