【JCダート】安田師「不安はあった 2コーナーでいき切った後は安心」

[ 2011年12月4日 17:15 ]

第12回ジャパンカップダートで連覇を達成したトランセンド(左)

 第12回ジャパンカップダート(ダ1800メートル・G1・良16頭)は4日、阪神競馬場で行われ、1番人気で藤田伸二騎手騎乗のトランセンド(牡5=栗東・安田隆行厩舎、父ワイルドラッシュ、母シネマスコープ)が優勝し、同レース連覇を飾った。

 ▼安田隆行調教師の話 前走よりさらにいい状態でレースに臨めた。大外の枠を引き当てた時は正直不安はあった。2コーナーでいき切った後は安心して見ていられた。

続きを表示

「上半期のグランプリ 宝塚記念」特集記事

「ユニコーンS」特集記事

2011年12月4日のニュース