【中山新馬戦】フェミニン「稽古を積んで成長」

[ 2011年11月30日 06:00 ]

 中山日曜6R(ダート1800メートル)はフェミニン(牝=尾形、父クロフネ)に注目。坂路とコースを併用して、1カ月以上じっくりと乗り込まれてきた。尾形師は「小柄(430キロ)な牝馬だけど、稽古を積んで成長してきたし仕上がりは悪くないよ。先週にデビューしたコパノウィリアム(5着)と同じように動いているし、新馬戦なら差はないと思う」と感触を口にした。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2011年11月30日のニュース