【東京5R新馬戦】ジョーオリオンが圧勝!

[ 2011年11月12日 12:41 ]

 東京5R「メイクデビュー東京」(ダート1600メートル・重)は、吉田豊騎手騎乗の1番人気、ジョーオリオン(牡2=田村厩舎、父ダイワメジャー、母フミノアンタレス)が、直線抜け出して圧勝した。勝ち時計は1分39秒6。

 淡々としたレース展開で、エストボヌール、エスペランサシチーが先頭と2番手、続いてドリームパイソン、レオキングダム、ジョーオリオンなどが続いた。
 
 3コーナー、4コーナーも変わらず、直線に入って叩き合いになった。その中から、先行グループの後方につけていたジョーオリオンが持ったままでスルスルと抜け出してきた。その後は差を広げる一方の強い勝ち方でゴールインした。2着はエスペランサシチー、3着はグリーンボウルが追い込んだ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2011年11月12日のニュース